日本の植物に触れる芸術文化と生活に関する展示会主催 第1回展示会

"これ、誠に得たりし 花なるが故に..."

Organized by exhibition on "Artistic Culture and Life in Touch with Japanese Plants"
The 1st Exhibition "Kore Makotonietarishi Hana Naruga Yueni.."


日本の植物に触れる、芸術文化と生活に関する展示会

"これ、誠に得たりし 花なるが故に..."


開催日 2023年2月16日(木)17日(金) 10時~16時半

会 場 横浜三渓園内「旧燈明寺本堂(重要文化財)」

※入園には三溪園入場料 (一般700円 )がかかります。

三溪園交通案内

Open time : 10:00 a.m. to 4:30 p.m. on February 16(Thu)&17(Fri), 2023 at "Tomyoji Temple" in Yokohama Sankeien

Admission to Sankeien is 700 yen (general admission).

HP www.playknotjapan.com

展示出品参加団体

菓子木型彫刻 京屋

特定非営利活動法能登すずなり

能登上布会館

株式会社山崎麻織物工房

株式会社わんや書店

株式会社檜書店

株式会社能楽書林

西陣織会館

デザインオフィス プント・グラフィカ

プレイ プント・グラフィカ

情報取材協力

特定非営利活動法人丹波漆

後援

京都府

珠洲市

地方独立行政法人京都市産業技術研究所

協力

公益社団法人金春円満井会

Organisations participating in the exhibition Kyoya, Confectionery Mould Crafts, Noto Suzunari Specified NPO Act, Notojofu Community center, Yamazaki Notojofu Workshop, Wanya-shoten k.k., Hinoki-shoten k.k., Nohgakushorin k.k., Nishijin Textile Center, Design Office Puno Grafica, Play Punto Grafica Information and coverage partner Tanba Urushi Specified NPO Act Patron Kyoto Prefecture, Kyoto Municipal Institute Industrial Technology And Culture Cooperation Suzu city, A public interest incorporated association Komparu Enmaikai.


展示会場回遊案内 (ダイジェスト)

鑑賞者は建築様式の探訪と「菓子・茶・織物・焼物・芸能」の文化鑑賞を通して、日本において親しまれる文化だけでなく、日本人の自然観にも触ることができます。展示会場には庭園と外陣を一つの世界の連なりとするために能楽の五番立様式に倣った5つの作品を設置しました。また庭と内陣は象徴的な花が向き合っています。回遊の始点では庭園の臥梅を、終着点では世界でも愛される日本の個体種「藪椿」をご鑑賞いただけます。

Exhibition tour guide ( Digest Ver.)

Through exploring architectural styles and appreciating the culture of “confectionery, tea, textiles, pottery, and performing arts,” viewers can experience not only the culture that is popular in Japan, but also the Japanese view of nature. In order to connect the garden and The gejin as one, we installed five works in the Gobandate style of NohGaku. In addition, the garden and The Naijin face each other with iconic flowers. At the starting point of the tour, you can see plum tree -Garyubai- in the garden, and at the end point, you can see the world-famous Japanese species of “camellia japonica -yabutsubaki-”.